A.H.O come all 株式会社

最新記事

胎内にいるころから日本語と英語を学ばせても、言語に支障はない

乳幼児の英語教育にとても興味がある。なぜ興味があるのだろうか。学歴コンプレックスか、英語コンプレックスか、わからない。 留学、乳幼児英語教育にたずさわっていると、子供の可能性は計り知れないと感じる。 赤ちゃんの頃から英語教育をさせ、バイリンガルにしようとすると、よく聞くことがある。日本語を話せなくなるのではないか、もしくは日本語を覚えることに支障が出るのではないか、である。 日本語と英語の両方を並…

自己顕示欲が強く、無慈悲に育てられたことを親に感謝しよう

乳幼児のころから英語に触れさせることは大切である。語学以外にも、日本風に育てるかアメリカ風に育てるか、ということも大切である。 日本はものづくりに丁寧だから細かいことができる。しかし軍隊式の暗記教育であり、言われたことを正しくやることが良い評価につながる。自由なアイデアが生まれにくい。 アメリカは、ものづくりが雑だから細かいことは苦手だ。しかし自己主張を重んじるので、独創性が強くなり、クリエイティ…

お客さまがお店を大切にすると、売り上げは上がる

お店がお客さまを大切にすることは当たり前である。お客さまがお店を大切にすることも忘れてはならない。 よく行く六本木一丁目のステーキ屋さん。独立する前からよく行き、色々な悩みを聞いてもらっていた。人間関係に悩んだ時、仕事の成果が上がらずに悩んでいた時、たくさん話しを聞いてくれた。 お店が自分を大切にしてくれるほど、自分もお店を愛するようになった。鶏が先か卵が先か、でいえば、お店が先になるのは仕方がな…

優秀な子供の母親は魅力的だ。旦那に反対されてあきらめそうな時こそ、アイデアを計画し、実行している

何かを閃いたとき、うまくいくかどうか不安な時がある。 子供が産まれたばかりで、夜泣きや保育園探しに悩まされる日々。この子のためにこれをやってあげよう、あれをやってあげようと、幼児教材や通信教育を思いつくことがある。 優秀な子供を持つ母親は、旦那に反対されて諦めそうな時こそ、アイデアを具体的に計画し、実行している。行動力があり、イキイキしている母親の家庭は円満なのだ。 反対されればされるほど、うまく…

英語をシャワーのように浴びる、本当の意味と効果

英語を学ぶ方法の中に、英語をシャワーのように浴びる、ということをよく聞く。留学に関するキャッチコピーやボディコピーを作る際にも、留学エージェントや留学先の語学学校から言われることだ。 しかし日本の英会話スクールやオンライン英会話ではあまり聞いたことがない。日本の英会話スクールにはなくて海外の留学ではよく見たり聞いたりするのだ。 果たして英語をシャワーのように浴びるとは、どういう意味なのか。具体的に…

子供の将来を本当に考えている親は、キラキラネームやDQNネームにはしない

10年ほど前から、キラキラネームという言葉が見られるようになった。キラキラネームとは、別名DQNネームといい、暴走族みたいな当て字を使った名前のことである。Googleトレンドで調べてみると、キラキラネームは2010年、DQNネームは2007年ころから増えている。 キラキラネームは、当て字を使っているので、初めて見た人は読めないのである。誰がどう見ても読めない。このキラキラネーム、子供にとっては非…

小手先のテクニック本ばかりを読んでいても、物事の本質がわかっていないから、結局は身につかない

本でもブログでも、最近は○○に役に立つ○つの方法や、たった1日でできる○つの法則など、小手先のテクニックを書いたものが注目され売れている。 小手先のテクニック本ばかりを読んでいても、結局は身につかないのである。物事の本質がわかっていないからである。 小手先のテクニックが注目される背景としては、今の人たちがすぐに答えを求めようとする性質だからである。インターネットが拡大し、情報は何でも手に入るように…

英語が習得しにくい理由は、日本語の低い周波数で耳が作られてしまっているから

子供をこれから産む、もしくは0~3歳の乳幼児がいる人は早めに英語を覚えさせた方が良い。   日本語と英語は言語の周波数が違うため、早いうちから広い周波数に慣れさせておけば、英語耳ができ、後から色々な言語を学びやすくなる。   ある事柄に興味を持ったら、得意分野の国に行ったり、学術書を読んで学ぶのがもっとも早い方法だと思う。色々な言語を学ぶメリットは、外国の学術書を理解でき、より可能性が高くなるから…

成功している人は、その裏にどん底に落ちた経験がある

ほとんどのサラリーマンは、できない理由を考え、手間を惜しみ、いかに楽をして良い結果を出すかばかり考えている。   楽をして良い結果は出せないと思う。   成功している経営者に共通していることは、成功の陰にどん底まで落ちた経験がある。   幼少の頃に虐待を受けて自分の居場所が無かった人、学生のころに不注意で大事故を起こし自暴自棄になってしまった人、親の愛情を受けられずに自己否定しか出来なかった人、み…

子供の目の前で、親がスマホを使うと育児放棄になる

スマホを使い過ぎると、精神障害や記憶障害を起こします。自分だけではなく、子供にも悪い影響を与えます。 ドイツのマンフレド・シュピッツァーという精神医学の教授がいます。彼が書いたデジタル・デメンチアという本の中では、スマホを使いすぎることをデジタル認知症と定義しています。デジタル認知症は、記憶障害や精神障害を発症します。 子供にスマホを持たせている人も多いです。文部科科学省に置かれている国立教育政策…