本でもブログでも、最近は○○に役に立つ○つの方法や、たった1日でできる○つの法則など、小手先のテクニックを書いたものが注目され売れている。

小手先のテクニック本ばかりを読んでいても、結局は身につかないのである。物事の本質がわかっていないからである。

小手先のテクニックが注目される背景としては、今の人たちがすぐに答えを求めようとする性質だからである。インターネットが拡大し、情報は何でも手に入るようになった。

わからないことがあってもGoogleに打ち込めばすぐに解決してしまうのだ。すぐに解決してしまうから悩まない、考えないのである。

すぐに解決してしまうことに慣れ、問題が起こったり悩んでもすぐに答えが見つかると思い込んでしまっている。

こういった背景から、考えることが出来ない人たちは、よりいっそう考えたり悩んだりすることを忘れ、思考力が弱くなっているのである。

基本的に物事に正解はない。正解がないからこそ考えたり悩んだりして、自分なりの答えややり方を見つけていくのだ。

たとえば恋愛論。恋愛というと心理学系の本があてはまる。心理学系で売れている本といえば、メンタリストのDaigoの本が思い浮かぶ。

著書の中で、人が好意を持ってくれる方法として、バックトラッキングというテクニックがある。

バックトラッキングとは、相手が言ったことをオウム返しのように繰り返し、直後に質問をする、というテクニックだ。

相手のことや、相手の話しに興味がない時、異性から好意を持ってもらう方法としては実用性がある。使えるのだ。

たしかにバックトラッキングのマネをしてみると、相手の反応は良い。逆にやられると悪い気はしない。人間の心理をついた方法だといえる。

しかしそもそも、人間付き合いはそんな小手先のテクニックで良いのだろうか。勘の良い人が相手なら、すぐに気づかれると思う。気づかれた場合は逆効果なのである。

決してDaigoを批難しているわけではない。彼は心理学のプロだし、彼から学べることはたくさんある。

大事なことは、物事の本質を捉えているかどうか、ではないだろうか。

好意を持っていれば、相手のことに興味がわき、自然な受け答えができるはずなのだ。もし興味のない人が相手であれば、相手にしなければいいのである。

興味がないことが知られて嫌な気持ちにさせたくないからと、変なテクニックを使うくらいなら、嫌われた方がまだマシだと思う。

よく考えてみて欲しいのだけれど、誰でも彼でもに対し、同じ対応をし、何を考えているかわからないような人間に魅力はあるだろうか。

それよりも好き嫌いをハッキリし、自分の意見や感情を表に出している人間の方が魅力的に感じないだろうか。

好き嫌いをハッキリしているからこそ、この人とは建前ぬきで本音で付き合えると思う。興味のない人と無理に付き合っていても疲れるだけだ。

結局は小手先のテクニックをいくら学んでも、無意味であり、疲れる。

小手先のテクニック本が売れるのはわかるのだけれど、そんなものに振り回されていては、いつまで経っても自分自身は成長しない。小手先のテクニック本より、古い本や学術書を読む方がよっぽど良い。

最近買っている本は、20年以上前に出版されたものか、論文などが載っている学術書ばかりである。

小手先のテクニック本はアマゾンなどでも評価が高く、ベストセラーとしてもよく取り上げられる。

本やブログの記事などの読み物は、その人のその時の状況によって、良し悪しが変わる。他人の本の評価なんて気にする必要は無いし、ベストセラーよりせめてロングセラーの方が良い。

良い本というのは、一時だけでなく、長く愛されるものだ。

そして本から答えを探すのではなく、あくまで知識の1つとして頭に入れておいて、答えは自分で作り出すのである。

乳幼児は感覚がとても繊細だ。本を読み聞かせることは大切である。

子供が物心がつき、理解できるようになってきたら、小手先のテクニック本ではなく、昔の本や学術書を読ませよう。

小難しい本ではなく、簡単な学術書で良いのである。本から答えを探すのではなく、答えを導き出せるように考えさせることが大事なのである。

答えの導き出し方がわかれば、トラブルが起こっても自分で解決できるようになる。親の見えない学校生活でイジメなどがあっても、きっと解決でき、たくましい子に育っていくのである。

学術書などは海外の方が良い本が多い。翻訳されているのを待っていては遅い。

成功している経営者は、日本語で出版される前の英文を読んでいる。

子供が答えを導き出せるチカラを身につけるには、早いうちに英語を理解できるようにするべきなのである。