日本人の割合が少ないから英会話力が上がる、ただの思い込みである。喋る機会が多くなる人もいれば多くならない人もいる。人それぞれである。喋る機会が多くなれば英会話力が伸びる、というのも思い込みであり、人それぞれである。

英会話力が向上するポイントは、英語以外の目的意識と、どのように記憶するか、だ。

留学エージェントのブログ制作やキャッチコピー制作のコンサルティングをしていると、提携学校のウリを考えることがよくある。その中でよく聞くのが、この学校は日本人の割合が少ないことがウリです、という内容だ。

グーグルで、「留学 日本人 割合」、「留学 日本人 少ない」と、少し調べただけでも、日本人の割合が少ない、ということをウリにしている学校はドッサリと出てくる。比較をした場合、いずれかが多くなり、いずれかが少なくなる、または全く同じになるはずである。

その場合、少ない学校同士を比較した場合に、日本人が少ない、と言えるのか。書いてある内容もほぼ同じ。日本人が少ないと英会話力が伸びる。

果たして日本人の割合が少ないだけで、本当に英会話力が伸びるのか、ということを疑問に感じる。

そもそも日本人の割合が多かろうが少なかろうが、学業は自分次第である。日本人が多くとも伸びる人は伸びるし、日本人が少なくても伸びない人は伸びない。

仕事においても、結果を出せる人はどんな仕事をしても結果を出すし、出せない人はいつまで経っても出せない。結果を出せなかった人が出せるようになるポイントは、自分で自分の問題点に気づくかどうかである。他人に言われてもそう簡単に自分は変われない。ましてや周りの環境なんて全く関係ない。

何ごとも自分次第でどうとでもなり、英会話力と日本人の割合は関係無いのだ。

そもそも、なぜ留学したいのか、留学の目的を考えてみる。先日、英語をシャワーのように浴びる、本当の意味と効果を書いた。これを踏まえると、留学の目的は、英語を話せるようになりたいからだ。

しかし実は、英語を話したい場合、留学はしなくてもよい。留学をしたからといって、英語が話せるようになるわけではない。英語を話せるようになることが留学の目的だと、留学は失敗する。

留学をせずに英語を話せている有名な日本人がいる。ただ話せているだけではなく、限りなくネイティブ発音であり、とても流暢な英語を話している。それはラジオDJやナレーターをやっている小林克也さんだ。

彼は1度も留学をせずに、ネイティブと変わらない流暢な英語を話せるようになった。

小林さんは、帰国子女でもなく、海外に長期滞在もしたことがないのだ。彼は、ラジオで聞いた英語の魅力に取り憑かれ、アメリカの映画、音楽、色々なものに興味を持ったそうだ。小林さんの目的は、アメリカの文化を知りたかった、ということである。英語を話すことではない。

他にも英語を話すことを目的とせずに、英語を話せる有名な日本人はたくさんいる。たとえば、元カトゥーンの赤西仁、野球のイチロー、サッカーの中田英寿だ。彼らの目的は、赤西仁は音楽をやること、イチローは野球をやること、中田英寿はサッカーをやることである。英語を話せるようになるために、海外へ行ったわけではない。

たとえば、ダンスを習得したいからとロサンゼルスに留学する。英語が理解できないとダンスの勉強ができないから、やむを得ず英語を勉強しなければならない。目的はあくまでダンスの習得であり、英語の習得ではない。

英語を話すことを目的とし、留学に失敗した日本人には典型的な特徴がある。仕事で使い物にならないのだ。

大手企業に務める人事部部長に話しを聞いたことがある。留学経験のある人が面接に来ることがある。留学当時の目的を聞いたとき、英語を話せるようになりたかったから、という人は雇っても総じて使い物にならないとのこと。

要は社会人として自立できていないのである。逆に、留学の目的が心理学の勉強であったり、ダンスやアートのような芸ごとなど、英語とは別の目的があった人は仕事をさせても全く問題ないという。その差は留学の目的の置き方、目的意識の持ち方だ。

留学に成功した留学経験者に、英語を話せるようになる秘訣を聞くと、彼氏や彼女を作れとよく言われる。これも目的の置き方で話しが変わってくる。好きなひとが出来たとき、彼や彼女と話したいという目的があるから、英語を学ばざるを得なくなるのである。逆に英語が話したいという目的で、彼や彼女と話そうとすると失敗する。

留学は、英語以外の目的意識の置き方で、成功するか失敗するか決まるのだ。

日本人は文法に強くて会話に弱い、外国人は会話に強くて文法に弱い。この差は脳で記憶しているか、心で記憶しているかの違いだ。日本人は日本の暗記教育のおかげもあり、心ではなく脳で記憶させることを訓練されている。

むかし学校で習った数学の2次関数や三角不等式、3次方程式、今でも思い出せるだろうか。むかし学校で友達に励まされた言葉や傷ついた一言、初めて超好きになった男の子や女の子の名前、今でも思い出せるだろうか。

2次関数は思いだせないけど、友達に言われた言葉は思いだせる。なぜなら、2次関数は試験があるから一時的に脳で記憶したことに対し、友達に言われた言葉は自分に響いたことで心に記憶したからである。

日本人は英語を脳で記憶するけど、外国人は心で記憶しているから会話の差が生まれる。英語を話せるようになりたかったら、彼女、彼氏を作れとよく言われる。同じ理由である。

私は初めてフィリピンに滞在したとき、日本人は自分ひとりしかいなく、英語も話せず、毎日が不安で不安で仕方なかった。だからすぐにフィリピン人の彼女を作った。彼女と話したいから辞書を片手に、自分が伝えたい想いを必死に覚えた。脳ではなく心で記憶した。フィリピン人の家庭教師に習った形式的な英語より、彼女と話した内容のほうがよく覚えている。

留学は記憶のさせ方で、英語を話せるか話せないかが決まるといっても過言ではない。英語を習得することに、日本人の割合はまったく関係ないのである。
photo-1453857122308-5e78881d7acc

日本人の割合が変動するのは、学校の人気度や季節にもよる。たまたま日本人が多くなることもあれば、少なくなることもある。このたまたまが、留学の問題点である、聞いていたイメージと現実が違った、という要因のひとつでもある。

留学の3ヶ月前に日本人が少ないと聞いていたが、3ヶ月経ったら状況が変わっていて、日本人が増えていた。よくあることだ。

ただし、対象の学校がわざと日本人の割合を少なくしているのであれば、話しは変わってくる。なぜ、日本人の割合を調節しているのか。これは創業者に聞かないと判らないことである。創業者の想いを聞けば、自然と日本人を少なくしている意味がわかるはずなのだ。

日本人が100人居ようが、1,000人居ようが、関わらなければいいだけの話しである。日本人のグループに入らなければよいだけなのだ。でも日本人が多いと日本人グループに入ってしまう。その問題点は、ただ甘えてるだけである。甘えずに、留学をしに来た目的を常に意識し、自分に厳しくしていれば、自然と外国人にしか接しないはずである。

英語を話せるようになるためには、留学は必須ではない。日本でも出来る。留学をする場合は、英語とは別の目的を持つことで、日本では得られない文化を含めた英語が習得できる。

日本人の割合を気にすることはただの甘えであり、いつまで経っても英語力、英会話力は伸びないのである。

日本人の割合の次に、多い悩みが年齢のことである。語学学校の年齢層データをもとに、次の記事を書きました。
30歳以上の女性が45.8%。30歳だからこそ留学にはちょうど良いタイミングであり、自分を変えることができる唯一の方法なのだ