留学の集客をしたい!! 30代女性の留学専門マーケティングなら 旦那デスノートを作ったA.H.O come all 株式会社

カテゴリー: 仕事について

カテゴリ一 記事一覧

100万部以上は売れないと印税生活なんて無理だよ。全7社から出版依頼があって実際にだんなデス・ノート(旦那デスノート)という本を出版してわかったこと

本を出版することが決まったとき、知り合いに印税生活か、なんて言われましたが、無理です。印税生活って、印税だけをもらい仕事をせずに生活していくことですよね。初版部数などは言えませんが、印税生活をしたければ、印税の仕組みとして少なくとも100万部以上は売れないと不可能です。 100万部でようやく夢の印税生活ギリギリな印税の仕組み 印税収入は、部数 x 価格 x 印税割合 で決まります。例えば、1万部・…

質の悪いスタッフがいたら、主婦が働く時間帯にブチ込んであげること。これでお店の悪い評判は立たなくなります。世田谷代田にある信濃屋を例にする

質の悪いスタッフがいたら、主婦が働く時間帯にブチ込んであげること。これでお店の悪い評判は立たなくなります。 ぼくの家の近く、世田谷代田駅の付近に素晴らしいスーパーがあるんですよ。信濃屋っていうスーパー。なにが良いかって、食品の品質はすげー良いし、働いている人がすげーしっかりしてるんです。下北沢まで範囲を拡大したとしても、これほど質の良いスーパーって無いんじゃないかな。 なんでこんなに良いかっていう…

主婦のストレスを解消するだんなデスノートは、肩コリをほぐすマッサージ屋さんである

昨夜、ある主婦の方たちと新宿でワインを飲みながら食事をした。テーマは、だんなデスノートを今後どうしていったら良いか、だ。 そもそもだんなデスノートの現時点での役割は、肩コリをほぐすマッサージ屋さんである。 だんなデスノートを作ったきっかけは、テレビや週刊誌でも言った通りに、ぼくが小さいころに母親が父親の悪口を言っていて、子供心にひどく傷ついた。悪口を言う理由は、母親から父親へのストレスや不満だ。傷…

仕事が辛くて辛くて逃げたいときは逃げろ。

いまやっている仕事が辛くて辛くて、どうしようも無いときは逃げよう。明日にでも、今日にでも職場へ行ったら辞めますって言うべき。辞めますって言えなかったら、バックレちゃえ。嫌な仕事はやらなくて良いよ。逃げたという事実が、いつか自分を強くし、必ず成功する。 こんにちは、3日前に買ったiPhone充電ケーブルが接触不良を起こして充電できなくなった牧田です。 仕事が辛くてどうしようも無いときってありますよね…